幸せな結婚をする方法は、1日に5分〇〇する時間を作るだけ

結婚したら幸せになれる!?

最初に衝撃的な事実をお話しします。

よく結婚したら幸せになれると思っている人がいます。

何かを得たら、何かを成し遂げたら、幸せになれると考えている人がいます。
そして、結婚できると、つかの間の幸福感を味わいます。

しばらくすると、何か次の目標を持って達成しようと考えます。

子供が欲しい、家が必要、人並み以上の暮らし、海外へ家族旅行と、達成していないものが沢山ある状態に気づくのです。

幸せになるために目標を達成した後は、目標を達成していなかった幸せではない状態に戻るのです。

そういったものの見方をしている人、つまり今はまだ幸せでない状態の人が、パートナーを探していると、

あるがままで幸せな状態の人は、感覚的に察知して去っていきます。

同じように何かを手に入れれば幸せになれると考えている人は共感してくれますが、望んでいた幸せではなく別のものが手に入りそうです。

まずは、自分が幸せになること、そして、その延長線に結婚があるなら、幸せな結婚となります。

幸せな人は、幸せな人を好きになる

人の目は前を向いているので、自分を見ることができないのです。
つまり、誰でも自分を客観的に見ることはできにくいです。

そして何よりも、幸せであると感じている人間は能力を高めることができます。

ホルモンバランスが整い、免疫力は高まり、脳の働きも良くなるし、

良好な結果を出し、周囲にもその周波数で働きかけ、さらに良好な結果を引き寄せます。

さらに自分を肯定する気持ちが高まり、同じ気持ちを持った人たちに共鳴します。

逆に自分を肯定していない人は、同じく肯定していない人を引き寄せます。

nst_hollywood

結果にこだわらないでいい習慣を持つ。

よく幸せな結婚を目指している人がいます。

賢く、よく考えて、相手を見極める。 実は、相手に注意が行くたびに自分が見えなくなるものなのですが。

この人の服装は? おしゃれの重要ポイントの靴は? 乗っている車は? 勤めてる会社は? どんな仕事? 安定してる?

よくよく考えてみと、ついつい誰かに教えてもらった理想を、自分の理想と勘違いしがちになります。

今の社会環境につられて、幸せな結婚を定義してしまいがちじゃありませんか?
それは、両親がそうしなさいと言ったのかもしれない。
流行りのテレビドラマからの情報かもしれないです。

少なくとも、その時の景気をもとに予想した未来を、想像しているにすぎないのです。

一度しかない人生、なのに、自分の個性に素直になることより、ありもしない未来にとらわれてしまう。

ではなく、自分の人生は自分が原因であり、自分が創り出す意識を持ったとしたら、・・・

少し、想像してみてほしいのです。
「自分の在りようで未来は切り開ける」と信じている人がいたら、どれほど魅力的に感じるだろう。

自分自身がそんな人間だったとしたら、どんな人が近くに集まってくれるだろう?

結婚の年齢について

 

厚生労働省の平成26年の統計調査【年齢別にみた妻の初婚率の年次推移】によると、初婚年齢はおおかたの推察通り毎年晩婚化しています。

スクリーンショット 2016-03-26 13.34.27

20年前の統計と比べると、20〜24歳の初婚率は半分に減り、35〜39歳では3倍以上となっています。

原因は多岐にわたり、いろいろな理由が考えられるでしょう。
人の心や、あらゆる要因を統計調査することはできないです。が、

ただ言えるのは、良い意味でも悪い意味でも、以前より結婚に慎重になっている人が増えているということだと思います。

年齢が若い時に結婚しなければ、徐々に結婚に慎重になっていくのは、知識が増えてリスクを避けようという気持ちが大きくなったことによるのではないでしょうか。

最近の不思議な傾向は、楽しく遊ぶイベントは増え、SNSやネットを検索すれば、出会いの場は以前に比べるとはるかに増えたというのに、「今は出会いの場が少ない」という声をよく聞きます。
そう感じるのは私だけでしょうか?

友人が経営している結婚相談所への登録も、20代の女性が普通にたくさんいるといいます。

これは、昔より出会いの場が減ったのではなく、身近な現実の中で異性に対する見方が変わったとしか言えないのでは?と思います。

「目の前にいる普通の人は自分の相手ではない。」と思っているようです。

よく考えると、遠くにいる普通の人をかたくなに待っているだけかもしれないというのに。

これは皆が賢くなったということが原因なのかもしれないです。
情報量が増えすぎて理想は高まるわけです。

景気低迷で、損をするのを避けたいという気持ちも強いでしょう。

感じるままにではなく、よくよく考えて行動する。それまでの経験値からすれば当然そうなるでしょう。

自分の中にある自分を守りたいという気持ちは、時として、自分を追い詰めてしまうのかもしれないです。

個人的な見解なれど、元来、女性の方が忍耐強く痛みに強いことを考えると、知識と経験豊富な女性は強くなりすぎて近寄るのも難しくなっていきます。

何よりも重要なことは、自分の中にある思い込みを整理して、自分にとって何が大切かを思い出すことなんです。

幸せな結婚をするためにやるべきこと その1

人によっては「足るを知るべきだ」なんて、言っています。

なんてイヤ〜な考え方だろうと思いませんか?

あきらめて自分の思想や目標を下げてるなんて、すごくネガティブで悲しくなる。

安心してください。

本当の「足るを知る」というのはそういう意味ではありません。

それは、自分を否定しない状態です。

欠乏感や劣等感、罪悪感などで、「自分はこのままではダメだ、もっと成長しなくちゃいけない」と脅している状態を今の自分は足りていない、足るを知らない状態です。

つまり、「足るを知る」というのは、出来ることもある出来ないこともあるありのままの自分を丸ごと認めてしまうこと。

相手があなたを見て、足らないやつだなと思うのではないのです。

信じられないかもしれませんが、本当は、・・・

あなたが「私は足らない人間だからそのように扱ってください」と周りにお願いしてるから、周りの人は親切にそのようにしてくれるんです。

つまり、どんなにたくさん、あなたに出来ないことがあっても、この世界には評価をする基準そのものが存在しないんだから、足りてるか足りてないかは誰も決めることはできないんです。

決めることができるのは、世界で唯一、自分自身だけなのです。

冷静に見てください、事実、世間一般で言われている美形とは程遠くとも、何かの資格も、特技も、優れた能力がなくても、堂々と自分を扱っている人がいます。

そして、周りの人は、その人をそのように扱っています。

幸せな結婚をするためにやるべきこと その2

目標を捨てる。

ワーオ!! 思いっきりネガティブやないかい!!って、ツッコミそうになりますよね。

やっぱり、諦めろっちゅうことやんか!みたいな。

安心してください。

諦めなくていいんです。

①ここでいう目標は、あなたが本当に思っていないことを見極めるということと、

②幸せな結婚を妨げている目標を捨ててくださいという意味です。

それは、

①まず、自分にとっての理想に気づくということです。どうして、自分が理想のパートナー像をそのように決めているのかを考えます。

人は死んだら何も持っていけません。 しかも必ず死にます。

スティーブジョブスの言葉で「もし、今日死ぬとしたら君はどう生きるのか?」なんていうのが、有名です。

が、しかし!!

同時にスティーブジョブスは本当の死の間際に、仕事人間すぎて家族との時間を大切にしなかったのは間違いだったと後悔しています。

こういう一見反社会的なネガティブっぽい話は、自然と埋もれていき、我慢して生産的な生き様がもてはやされるのが情報化社会の恐ろしいところです。

あなたの理想のパートナー像は、あなたの本心が作り出したのでしょうか?
溢れている情報に操作されていないですか?
あなたの両親の願望ではないですか?
ありもしない幻想の未来に縛られていませんか?

もし、本当に自分の理想でないなら捨てちゃいましょう。

②幸せな結婚を妨げている目標とは何か?を見つけましょう。

結婚したいある女性の父親は遊び人で母親を困らせていたそうです。
母親は忍耐強く身を粉のようにして働き、生活苦にも耐えて、どうにか家族を養ったそうです。

彼女は結婚したいと口では言いますが、権威のある立場の男性に抗議してコテンパンにやっつけたことを自慢します。

実は心の奥底では、母親を苦しめた男に復讐したいと考えているのです。

付き合う男性はというと、わざわざいつも勤勉ではない男性を見つけて来ます。そして、叩きのめします。
もし勤勉で誠実な男性と知り合っても、振られてしまう些細な行動をとって別れてしまうのです。

つまり、自分の中にあるけれど、自分では気づいていない隠された目標があります。

それは、とても強い感情と結びついていて、無意識に自分の中で活動し、判断決断に大きな影響を及ぼしているのです。

幸せな結婚をするためにやるべきこと その3

幸せな結婚にこだわらない。

ここまで言うか!! やっぱり、あきらめろってことか?!って思うのも無理はないですね。

でも、誤解しないで、ちゃんと最後まで冷静に読んでくださいね。

安心してください。

ここまで来たら、なんとなくわかると思うんですが、実は、頑張って目標を持って行動するより、自分を制限している思い込みを取り払うことの方が遥かに有効なんです。

なぜなら、あなたは最初は完全だったんです。子供の心を持っていたんですから。

いつの間にか、自分以外の考えをいっぱい拾い集めて、重くて動きが鈍くなっているんです。

さて、どうして、幸せな結婚にこだわらない方がいいのか?

幸せな結婚をしたことがないあなたが、幸せな結婚を想像するって無理がありませんか?
幸せな結婚をしたいと思うと同時に、できないかもしれないって思ったりしませんか?

幸せな結婚なんてどうでもいいって思っていたら、目隠しが取れて世界が広がります。

失敗が怖くて動けなくなるなる、ってこともなくなります。

 

「放てば手に満てり」BY 道元禅師

 

1日5分の〇〇で、幸せな結婚をする方法

実際には結婚についてだけではないのですが、

幸せな結婚は、チルチルミチルの青い鳥と同じで、自分の外にはないのです。

ついつい、自分以外の何かを探してしまいそうですが、誰かに頼ってしまいそうですが、幸せな結婚をするのは他ならぬ自分自身です。

幸せな状態が、幸せな結婚を創り出します。
自分の外に求めるのではなく、幸せな結婚をできる自分になることが先なのです。

つまり、自分で自分が幸せだって気づいてしまえばいいんです。

そして、せな状態を創り出すには、私は幸せな人ですよ!って周りの人にシグナルを発信することです。

決して間違えないでくださいね。「私は幸せだっ!」って、自分に嘘をついて宣言することじゃありません。
うそぶくんじゃなくて、本当にそう感じていることが大切です。

よくアファーメーションで「私は幸せな結婚をしている」と過去完了形で強く宣言しなさいというのがあります。
ですが、あなたの無意識はおバカではありません。

すぐに、無意識から「そんなことないし」って答えが返ってきます。
そして、余計に落ち込んじゃう人もいます。

実は、このアファーメーションが上手くいく状況にある人がいます。
その人はこのアファーメーションで上手くいきます。が、
97%以上の人は、虚しくなりますので、ご注意を!

ではどうすればいいのか?

ものの観方が、本当は何の意味も持たない現実の出来事を、良いことにします。

すると、幸せな体験をしている自分が見つかります。

幸せな自分を体感すると、幸せな自分が、呼吸をして、声を出し、歩き、座り、周りの人に、言葉も使って、自分を幸せな人として扱うことをオーダーしはじめます。

なので、自分が幸せだと気付き感じれば、さらにそうなっていきます。

なので、タイトルの「幸せな結婚ができる、たった一日5分の〇〇」をお伝えします。

それは、毎日簡単な3行日記です。

3つ、今日一日にあった、嬉しかったこと、良かったこと、楽しかったこと、気づいたこと、を書いてみてください。

現実の観方を変えるのです。

この習慣は、かなりハードです。

なぜか? あまりに簡単すぎてそれほどの効果があると信じられないからです。
簡単すぎて、続けることに疑問を持ちます。軽んじてしまいます。

ですが、

私の周りには、この習慣を身につけて、実際に劇的に人生を変えた方がいらっしゃいます。